2009年02月25日

アリガトウのキモチ5

私よりもずっと若いけど、とても尊敬できるふたり。

あきーちゃんとひろやくん夫妻です。

コットン4398





























COTTON CAFEのオーナーさん。

2007年の秋に旭町にオープン。

お店の内装も、置いてある椅子使ってる食器もツボを刺激しまくりのステキな空間でした。

ひろやくんの作るパスタやピザは「しあわせ〜」ってほど美味しいの

2008年の8月には場所を大町に移しリニューアルオープン。

対面式になってグッと距離が縮まり、お喋りも楽しい大町店。

大阪生まれ大阪育ちのあきーちゃんと初めて話したとき私は

「鹿角は好き?大変じゃない?」って聞いた記憶が。

私自身、東京から鹿角に帰ってきて自分が生まれ育った場所なのに

慣れることが出来ずに悶々と過ごしてた時期があったから。

けど予想に反してあきーちゃんは「鹿角大好きです!」って答えてくれたよね。

それがどんなに嬉しい答えだったか、あきーちゃんに伝わってるかな。

どういうお店を作りたいか。とか今後の展望をしっかり持っている二人で、

その「夢」を実現させるためには「今」何をしなくてはいけないかをきちんと見極め、

そして実行に移すことが出来る行動力を持ってるふたり。

そんなあきーちゃん&ひろやくんと話していると、

毎日の仕事に追われ、ついつい置き去りにしがちだった自分の「夢」を思い出して、

テンションあがりまくり。ワクワクする気持ちが心地いーんです。

あきーちゃんには、七五三シーズンに撮影のお手伝いに入ってもらったり。

その中でもまたいい刺激を貰ったり。

お仕事をしていくうえでの「大切なこと」を教えてくれた二人なのです

そして今二人は、次なるステップアップのために大阪へ。
(お店は新マスターさんが引き継いでます)

もっといろんな話がしたかったし、寂しい気持ちは隠せません。

けど、二人のこと応援する気持ちのほうが大きいから笑顔でおっきい声で

「がんばれ〜」です。

そしてありがとう。

ありがとうの気持ちを込めて撮らせてもらった1枚です。

いつかまた一緒に飲もうね。




頑張っている人に出会ったり、お気に入りのお店を見つけるとすごく刺激を受けます。

そんな「お気に入り」のお店をもうひとつご紹介。

1月は私の誕生日だったのですが、誕生日プレゼントとして c l e a rさんのエステ券を知人から頂きました

初めてc l e a rさんにお邪魔したのですが、

お店のいたるところにおもてなしのココロが感じられ、

とってもリラックスしながら優雅な気分でエステを受けました

顔そり→エステ→ヘッドスパを完全個室のプライベート空間でうけることが

できるのって嬉しいですよね!

頑張った自分へのご褒美に。頑張っているあの人へのプレゼントに。

いいですよぉ

空間の作り方や、お客様への心遣いなど勉強になる点もたくさんありました。

また今度お邪魔します


にほんブログ村 秋田情報にほんブログ村 秋田 ランキングに参加してます。ポチっ!とよろしくお願いします











usagisawa at 17:27│Comments(2)TrackBack(0) 写真 | 日常

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たけ臓   2009年02月26日 10:16
久々のコメントです。

私が花輪に住みついたころ。
まだあなたとほとんど面識がなかったころ。
まだ、あなたは鹿角が好きじゃなかったと
あとになって聞きました。

よそもんだった私は鹿角が大好きになり
あんなところもあるよ、こんなのはココしかないと
あなたに話した記憶が沢山あります。
一緒に鹿角を好きになってくれたような気さえ。
好きな気持ちは今でも変わりません。
将来の永住の地に選んだ場所ですから。

きっと、あの時の私みたいに
あきーちゃんに、鹿角のいいとこ悪いとこを
お酒飲みながらおしゃべりしてるのかな?なんて
勝手に想像していました(笑)
マスターにも蛾が大量発生していた時以来
お会いしてないので、次いくときにお邪魔したいです。(バイト先の桃を押し付けた記憶がありますな・・・)

2. Posted by faru子   2009年02月27日 11:24
5 たけ臓さんこめんとアリガトウございます

私はたけ臓さんのおかげで鹿角を知り、鹿角が好きになりました。
自分の生まれ育ったとこだけど、不思議ですね、見えてないところがたくさんあった。
大好きな鹿角で暮らし、お仕事をさせていただいている今がとっても好きだし、たけ臓さん夫妻に感謝のキモチでいっぱいです。
人は人に育てられるんだなぁ。って鹿角の風土の中でシミジミと思います。
たけ臓さん夫妻と過ごしたあの時間はどれも宝物。
靴下を忘れていった朝も、靴下を履かずに女の人を口説いている男を目撃した夜も、おとんの長靴を履いて桜を眺めていたたけ臓さんの横顔も
3月に振り返りながらじっくり飲みましょう
めっちゃ楽しみ。クフフ。。。。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
  • ライブドアブログ