2010年01月

2010年01月30日

Baby Photo

こんにちは!

最近はドカッと雪が降らなくて嬉しい日が続いてる鹿角です

嬉しいですねぇ。

朝5時くらいに目を覚まし、カーテンの隙間から外を覗いたときに

雪が積もってないと小躍りするくらい嬉しいですよねぇ!

降らないので道路の雪も目方が減ってきました。

そのぶん日陰になっているところはツルツルに凍ってたりするので、

歩くときは要注意です!

トザワ写真室の駐車場も凍っているので

ご来店の皆さんはお気をつけてくださいね。



今日もとっても楽しく撮影させて頂きました!

とってもかわいいBABYちゃんの撮影です
りこたん_003124

お着物での撮影も、お洋服での撮影もバッチリがんばってくれた理子ちゃん

すこーしだけ涙もあったけど、すぐに泣き止んでカメラを見てくれました。

その泣き声もかわいくて、もう少し聞いて居たかったくらい!

シャッターを母にまかせて、あやす係りに私がなると、

キラキラの瞳で私を見つめてくれます。

両手の人差し指を出すとキュッと小さなおててで握ってくれるりこちゃん。

「手っ手ッテ」とリズムをつけて繋いだ手を揺らすとニコって!

わーん胸がキュぅってなるほどかわいいです!

理子ちゃんの手のひらのあたたかさに、幸せを感じちゃいました

理子ちゃんモデルさん頑張ってくれてありがとね!


今回の写真にも写ってますが、ビビットな色のモコモコたち。

これは私の友達が編んでくれたハンドメイドなんです!

手で触った感触もなんとも気持ちよくて、カタチもステキ


友達の作品を見て「是非撮影用に作って〜!」とお仕事を依頼。

色は「アイスの実的な感じで!」のリクエストに応えて仕上げてくれました

イメージどおりの仕上りに感謝感謝です

このモコモコちゃん。背景のアクセントになるだけではなくて、

まあるいカタチとキレイな発色が、子供ゴゴロをくすぐるようで、

興味を示してくれるのは嬉しい予想外なことでした。

理子ちゃんも気になって一生懸命見てたね〜

モコモコ作家の友達とは中学の頃からの仲良しなのですが、

今こうしてお仕事のことで繋がれるのはなんだかシミジミと

「大人になったなぁ」って感じます。

そしてこの新しい繋がりがとても嬉しくあります。

学生時代は一緒だったけど、そこからそれぞれの道を進み、

べつべつな道を歩いてきたからこそ、私の知らないことを教えてもらえたり。

友達ってタカラモノですね。

そう分かっていても自分の環境の変化や、

忙しさで縁が薄くなってしまった友人もいます。

ぶじょほを心の中で詫びながら、また改めて繋がりを紡いでいけたらなって思います。





にほんブログ村 秋田情報ランキングに参加してます。ポチっ!とよろしくお願いします







usagisawa at 16:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 子供 | 写真

2010年01月20日

私の好きな。。。。。オザケン、そして木

最近のとっても嬉しいニュース!

オザケン復活!

ウレシィィィィィ!!!!!!

5月に仙台演るんだって。

夢のよう。

復活はないんじゃないかと。正直。

けど13年ぶりに!

ありがとうオザケン!

一縷の望みをかけてチケット獲り頑張ちゃうよー!


大好きなものつながりで、今日は「木」の写真をアップします。

写真室の裏にある小さな公園にある1本の木のお話です。

まずはこの小さな公園について少し説明を。




私が小さい頃。。。。もう30年前にもなりますが、

写真室の周りは子供が大勢住んでいました。

裏の公園はいつも子供でいっぱいで、毎日にぎやかでした。

やっこまりで野球をしている男の子、ブランコに乗って靴投げ、缶けり、

ジャングルジムで鬼ごっこ、バトミントンに本気の砂遊び。

グレープフルーツ…世界一周なんて遊びも大好きでした。

ジャイアン的な子もちゃんといたし、年上の子は下の子の面倒を見てくれてました。

公園のすぐよこにあった白鳥(食堂?)からはラーメンのにおいがして。

そうそう、野球をやる子達は白鳥側から打つから、

郵便局の屋根にボールがよくあがっちゃってた。

ボールを取りに行くには、うちの庭の金網を使って登るから、

父がいつも縁側から男の子達を怒っていったっけなぁ。

あれ嫌だったなぁ。

毎日すごい人数が駆け回っているせいか、公園はいつも埃っぽくて

草なんてあんまり生えてなかった。

雨が降ると公園の端の土手っぽくなっているところに大きな水溜りが出来て

アメンボがたくさんくるんだ。

砂場のところには大きなさくらんぼの木があって、

さくらんぼを拾うのがすごく楽しみだった。

でもある年突然さくらんぼの木が切られちゃって、

子供ながらにすごくショックだったのを覚えてる。

夏、七夕のときは夜店が中央通までしか出ないんだけど、

花輪ばやしのときは中央通から公園の中まで夜店でぎっしりになってたんだよね。

お祭の次の日、朝早く公園に行って競って射的の玉拾い。

一度だけ花輪ばやしのときに公園にお化け屋敷の小屋がかかったときがあって、

いつもの公園が違う場所になったようでドキドキしたなぁ。


そんな公園の水のみ場の脇に大好きな木があった。

子供の頃の記憶では、その木は上の部分がまあるくなったドーム型。

チビな私の手にも届くところから枝がついていて、

右手左手、右足左足って交互に登れる枝振りで最高に木登りに適してた。

ヨイッショヨイッショって登っていくとドーム型の天井からポンって顔が出る。

そうすると公園が見渡せるんだよねぇ。

自分ちの庭も、家も、見下ろせちゃう。

郵便局の屋根には怖くて上れなかったけど、この木の上は大好きでよく登ってた。


今では、公園で遊ぶ子も少なくなりました。

埃っぽかった公園が、夏は一面クローバーの緑の絨毯。

キレイだけどちょっとだけ寂しいんです。

雨が降ってもアメンボも見当たらないし。

遊具も入れ替わっちゃって、私たちが遊んでいた頃のままある遊具はひとつだけ。

だけど、木登りをしたあの木はそのままあるんです。

今では2階建ての屋根を越すくらいの高さくらいまで大きく成長しました。

枝ぶりも変わっちゃって、最初は同じ木か自信がもてないほどでした。

ちびっ子たちが木登りをしていたとは思えないほどの成長っぷりです。

30年あると木もこんなにも伸びるんだぁって感心しきり。

雪が積もった姿は、大きなクリスマスツリーみたいでちょっとかっこいいでしょ。
公園の樹_5876

この公園で毎日暗くなるまで遊んでいた頃から34歳になる今までって、

あっという間に過ぎたような感じがしてしまいます。

いろんなことにぶちあたり、悩んで、それでも進んで、笑って泣いて。

いろーんなことがあったんだけど、足元には今立っている場所しかなくて、

振り返ってみても今まで歩いてきた道はあんまり見えない。

けど、この木の成長している姿を見ると

「あぁ、私の30年ってちゃんとあるんだなぁ」ってなんだか安心するんです。

そして勇気が出る。

朝も夜もこの木を見るのが大好きです。

けど、大きくなりすぎちゃって切られるのも時間の問題なような気がします。

いつ切られるのかと内心ビクビク。

1日でも長くここに居て欲しい、私の大好きな木です



にほんブログ村 秋田情報ランキングに参加してます。ポチっ!とよろしくお願いします






usagisawa at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 | 風景

2010年01月12日

冬休みも終わりに近づいて、思い出す小学生の頃の話

さっきワイドショーで「東京に初雪が降りました」って話題が。

スタジオゲストの反応は「キャァ

うーん、新鮮なリアクションですね。

「雪って嬉しいんだぁ」って少し羨ましくなっちゃったよ。

それでもここ数日はドカンと積もることもなく少し楽です。

今年は、雪寄せに追われあっという間に過ぎ去った感がするお正月。

気がつけば冬休みも、もうすぐ終わり、学校が始まりますね。

今回は冬休みを利用してドレス撮影をしてくれたはなちゃんの紹介です

七五三記念のはなちゃん。

お着物は秋に撮影済み。今回はドレスの撮影です。

2回に分けて撮ると、髪型もそれぞれにあわせて作れるし、

何よりゆったり写せるので私たちもオススメさせていただいております。

はなちゃんとの撮影も、ゆっくりお喋りしながら楽しく撮影させて頂きました。

ドレスや小物をどれにするか一緒に悩んだり、楽しさはお支度にもありますよね

はなちゃんが選んでくれた、髪飾りのチビハット

安室ちゃんみたいでかわいいですよね!

はなちゃんにとっても良く似合ってます
栗木はな_002764

はなちゃんに「冬休みの宿題は順調?」と質問したら「バッチリ」とのお答えが

えらい!

私はいつも最後に「えーーーーーーーん」って泣きながらする子だったので

キッチリできちゃっているはなちゃん尊敬しちゃいます。

みなさんは冬休みや夏休みの宿題は何が好きでしたか?

私は読書感想文。

逆に嫌いだったのは、作品作ったり研究するもの。

ギリギリまでやらない私が悪いんだけど、いつも父が半強制的に内容を決め、

半監禁状態で製作に当たるという過酷なものでした。

小学1年生の冬休みは「未来の街」って言う題名で、

持ち帰り用のお寿司が入るプラスチックの入れ物を土台に、

ゼリーやヨーグルトのからを作って、ドーム型の未来都市を作ったんです。

父親の厳しーーーーーー指導のもと完成したソレはもちろん「大人クオリティ」。

小学校1年生は絶対作らないシロモノになっちゃうんです

小学4年生くらいまでは、父の監督のもと子供らしさゼロなものを

産み出し続けましたねぇ。。。

5年生になると、レース編みとか手芸的なものが出来るようになってやっと年相応に(笑)

苦しく嫌いだった作品展だったけど、大人になっても絶対忘れられないし、

妙に懐かしく、愛しく思い出してしまう思い出です。

そうそう、ちびまるこちゃんの夏休みや冬休みの過ごし方は

まさに私の幼い頃そのままで、他人とは思えないんですよね

皆さんはどんな思い出がありますか?

おっと、はなちゃんとの冬休みの会話から、

ついつい自分話で盛り上がってしまいました・・・・

はなちゃん、最高の笑顔で楽しく写させてくれてありがとうね!

冬休みがあけたらまた学校で

にほんブログ村 秋田情報ランキングに参加してます。ポチっ!とよろしくお願いします






usagisawa at 16:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 七五三 

2010年01月02日

今年もよろしくお願いいたします。

鹿角のお正月は大雪でしたねぇ。

産土さんへの初詣も、雪と風がすごくて顔が冷たかったです。

小学生の頃のクロスカントリースキーの練習を思い出させる天候でした。

そんな中ひいたおみくじは「大吉」

幸先いいぜ


そしてトザワ写真室は今日が撮影始めでした。

おじいさまおばあさまを囲んでの家族写真。

すてきなお嬢様のお振袖の撮影。

どれもあたたかい笑顔に包まれ、楽しく撮影をさせていただきました。

1年の初めがこんなにステキな撮影で幕開けすることが出来て

感謝の気持ちでいっぱいです


思い返せば、2000年の12月の末に東京から秋田に戻り、

2001年の1月からトザワ写真室で働き始めました。

そして今年は秋田に帰ってきてから10年目になります。


これまでお客さまとの交流の中で、多くを学び、多くを知ることが出来ました。

お客様に教えていただいたあたたかな気持ち(想い)を、

ひとりでも多くの方へ伝えることのできる写真を

生み出して生きたいと思っております。



10年目の節目の年。

ふんどしを締めなおして気持ち新たに頑張ります。

どうぞ2010年もトザワ写真室をよろしくお願いいたします。



ひとつひとつの撮影を大切に。

2010.1.2 ホームフォトグラファー@トザワ写真室 佐藤澄果
お正月



にほんブログ村 秋田情報ランキングに参加してます。ポチっ!とよろしくお願いします


usagisawa at 15:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 写真 

2010年01月01日

あけましておめでとうございます

オリジナル 統合後


usagisawa at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
  • ライブドアブログ