風景

2010年06月11日

しろい花あかい花

鹿角も暑い日が続いてますよ〜。

青空が嬉しいですね。

車を走らせていて気がついたのですが、今の時期は白い花があちらこちらに咲いてます。

雪が溶け、花が咲き始めたときは桜や桃の薄いピンクや濃いピンクが町中に点々として、

なんともかわいらしかったのですが、今の時期の白い花たちも

爽やかで可憐でいいものですねぇ。


タンポポの綿毛。フワフワの白。
IMG_8494


風に揺れる白いマーガレットたち
IMG_8546


シロツメクサに白い藤も咲いていました。

そしてあまーい香りが存在を教えてくれるアカシアの白い花。

アカシアも写真に撮りたかったんだけど、イメージどおりに撮るのはむつかしいくて。。。。

アカシアの香りって、中国茶の匂いに似てません?

自転車に乗っているときや、車を走らせているとき。

フワーっと優しく薫るあの匂いが大好きです。

この天気でアカシアの花が焼けちゃっていて、少しかわいそうでした。

アカシアは霧雨や雨上がりの感じが似合うよね。

NOKKOの影響ですが(笑)〔人魚・1994〕



そして先月、あかい花の頃のロケーション。


私の叔父叔母です。畑にて。桃の花をバックに。
IMG_7167

いい笑顔です。

今年は稲を休んで、畑に専念するそうなんですがあまり無理せず頑張ってね!

夏の枝豆、楽しみにしてまーす。


さこちゃんとお出かけしたこの日は、アルパスの桜が満開だったね。
IMG_0011

この日は偶然、さこちゃんのお誕生日。

お誕生日当日に、さこちゃんに「おめでとう!」って言えてすごく嬉しかったです。

誕生日の笑顔最高です!




雪に覆われた厳しい冬を過ごして出会う緑や花たちに、ココロがおどる毎日です。

IMG_8557


にほんブログ村 秋田情報ランキングに参加してます。ポチっ!とよろしくお願いします





usagisawa at 03:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月04日

ハートに見える?

花輪第一中学校の裏側、通称アップルロードで撮影中に、

ふと「あ、きれいだな。」と思い足を止め、シャッターを1回切った。

この日は一中運動会。

時々雨がパラパラって降ったり、風が冷たかったり、重い雲がかかってたり。

「いいお天気」って日ではなかったけど、お昼のロードレスの頃、

雲の合間からのぞいたハッとするほどの青い空。

シャッターを切り、ロードレースのゴール地点に戻りながら

画像をプレビューしてみると「わぁ!雲の形がハートじゃん!」って気がついたのです。

慌てて撮影した位置に戻ってみても。。。雲は流れているねぇ。

源氏パイの食べかけみたいな形になっちゃってました。

こんな雲が撮れるなんて、なんとステキな偶然!

どうです?ハート型に見えますか?
ハートに見える?_6952


『ハート』と言えば思い出すエピソードがひとつ。

小学校の修学旅行でのお話です。

私が担当している小学校の修学旅行先は函館です。

函館の夜のメインイベントといえば『函館山の夜景』!

世界三大夜景、100万ドルの夜景といわれ有名ですね。

あの函館山にジンクスがあるんです。

夜景の中に「ハート」を見つけると幸せになれる。って。

小学生に教えてもらいました(笑)

こういう話って、上級生から下級生に受け継がれるんですね。

毎年、ちゃーんとこの話題になるんです。

私が修学旅行に初めてついていったのが25歳。

「幸せ」って言葉に敏感な年頃です(笑)

子供たちに混じって真剣に探すけどわからない。。。。

2,3年みつけれませんでした。。。。

だって私が探していたのは←ハートのマーク。

夜景の中に隠れているのは「ハート」ってカタカナだったんです。。。。

ガイドさんに聞いて発覚したときは、おもわず笑ってしまいました。

函館山に夜景を見に行ったら、『ハート』探してみてください

『スキ』もあるみたいですよ!


にほんブログ村 秋田情報ランキングに参加してます。ポチっ!とよろしくお願いします





usagisawa at 15:49|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年05月05日

2010年の鹿角の桜

こんにちは。とっても久しぶりの日記となってしまいました。

連休最終日、皆さんはいかがお過ごしですか?

昨日今日と鹿角もとても暑かったです。

そして待ちに待った桜がいたるところで満開です。

梅や木蓮もキレイに咲いて、桜もソメイヨシノに山桜。

街のあちこちに、白や薄いピンクに濃いピンク。

車を走らせていると胸が弾みます。

19歳の頃、大好きな桜を求めて初めて一人旅をしました。

桜の咲くこの季節が一番好きです。


今日は仕事の合間に、各学校の桜を撮影しに行ってきました。

その撮影の合間に、旦那さんが連れて行ってくれた山の桜。

幻想的で、日本画のような風景でした。

桜  0010



にほんブログ村 秋田情報ランキングに参加してます。ポチっ!とよろしくお願いします


usagisawa at 17:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年03月30日

50冊限定で。

ちょうど1年前。

私の母校に写真集を寄贈しました。

私の母校。そして今は、卒業アルバムの撮影をしている花輪小学校。

昨年かっこいい新校舎が完成し、私たちが通った校舎があった場所は

すばらしいグランドになりました。

小学校が建て替えられると聞いたとき

「やっとだねぇ〜。きれいな校舎楽しみぃ」って期待とともに、

自分たちの学校がなくなるんだっていう寂しさがありました。

仕事で学校に出入りし、その場所の空気やにおい、

そこに通り抜ける風を感じて思い出す懐かしい記憶もあるんだと、体感していたからです。

私が卒業アルバムを作った世代の子達が、やがて大人になり、

小学校時代のことを本当にこころから「懐かしい」と感じたときにはその場所が無い。

でも、あの懐かしさで胸がギューッとなる感覚を感じて欲しい。。。

自分たちが通った校舎は無いけれど、小学校に行けば懐かしい校舎が見れる。

そんな写真を残したい。その想いで写真集をつくりました。

1年前のブログでも熱く語っちゃってるんですが

昨年4月、魁新聞さんにも取り上げていただき、たくさんの方に見ていただきました。

ありがたいことにご覧になった方から、

「私も欲しい」「子供たちが大人になったときに見せたい」

「兄弟みんなで持ちたい。」などとお声をかけて頂きました。

本当に嬉しかったです。

当初は学校への寄贈分と、写真室分の3冊のみの製作でしたが、

今回、各方面から許可も得て、「なつかしの学び舎」を50冊限定で作りました。

お値段は税込み5000円です。

20ページの絵本のような写真集ですが、ハードカバー、紙もつくりも良いです。

この時代、写真集を作れるところは星の数ほどあるけれど、

小学校の写真集を作るなら、絶対コレ!とほれ込んでの製本。

お値段は、写真館としての利益はまったく考えずに付けさせていただきました。

時代はそれぞれ違えども、花輪小学校のあの校舎で過ごした一緒の記憶を持つ方たちが、

1ページごとに懐かしさを感じてもらえたら。

10年、20年たってもここで過ごした時間を優しく思い出してもらえたら嬉しいです。


まとまらないと作れないので、今後の増刷は。。。。。。今のところ未定。

冊数に限りがありますので、ご購入をご希望の方はお声をかけてください。


お問い合わせは→トザワ写真室 0186−23−2155 担当:佐藤まで

花小写真集_6948


にほんブログ村 秋田情報ランキングに参加してます。ポチっ!とよろしくお願いします









usagisawa at 14:15|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年01月20日

私の好きな。。。。。オザケン、そして木

最近のとっても嬉しいニュース!

オザケン復活!

ウレシィィィィィ!!!!!!

5月に仙台演るんだって。

夢のよう。

復活はないんじゃないかと。正直。

けど13年ぶりに!

ありがとうオザケン!

一縷の望みをかけてチケット獲り頑張ちゃうよー!


大好きなものつながりで、今日は「木」の写真をアップします。

写真室の裏にある小さな公園にある1本の木のお話です。

まずはこの小さな公園について少し説明を。




私が小さい頃。。。。もう30年前にもなりますが、

写真室の周りは子供が大勢住んでいました。

裏の公園はいつも子供でいっぱいで、毎日にぎやかでした。

やっこまりで野球をしている男の子、ブランコに乗って靴投げ、缶けり、

ジャングルジムで鬼ごっこ、バトミントンに本気の砂遊び。

グレープフルーツ…世界一周なんて遊びも大好きでした。

ジャイアン的な子もちゃんといたし、年上の子は下の子の面倒を見てくれてました。

公園のすぐよこにあった白鳥(食堂?)からはラーメンのにおいがして。

そうそう、野球をやる子達は白鳥側から打つから、

郵便局の屋根にボールがよくあがっちゃってた。

ボールを取りに行くには、うちの庭の金網を使って登るから、

父がいつも縁側から男の子達を怒っていったっけなぁ。

あれ嫌だったなぁ。

毎日すごい人数が駆け回っているせいか、公園はいつも埃っぽくて

草なんてあんまり生えてなかった。

雨が降ると公園の端の土手っぽくなっているところに大きな水溜りが出来て

アメンボがたくさんくるんだ。

砂場のところには大きなさくらんぼの木があって、

さくらんぼを拾うのがすごく楽しみだった。

でもある年突然さくらんぼの木が切られちゃって、

子供ながらにすごくショックだったのを覚えてる。

夏、七夕のときは夜店が中央通までしか出ないんだけど、

花輪ばやしのときは中央通から公園の中まで夜店でぎっしりになってたんだよね。

お祭の次の日、朝早く公園に行って競って射的の玉拾い。

一度だけ花輪ばやしのときに公園にお化け屋敷の小屋がかかったときがあって、

いつもの公園が違う場所になったようでドキドキしたなぁ。


そんな公園の水のみ場の脇に大好きな木があった。

子供の頃の記憶では、その木は上の部分がまあるくなったドーム型。

チビな私の手にも届くところから枝がついていて、

右手左手、右足左足って交互に登れる枝振りで最高に木登りに適してた。

ヨイッショヨイッショって登っていくとドーム型の天井からポンって顔が出る。

そうすると公園が見渡せるんだよねぇ。

自分ちの庭も、家も、見下ろせちゃう。

郵便局の屋根には怖くて上れなかったけど、この木の上は大好きでよく登ってた。


今では、公園で遊ぶ子も少なくなりました。

埃っぽかった公園が、夏は一面クローバーの緑の絨毯。

キレイだけどちょっとだけ寂しいんです。

雨が降ってもアメンボも見当たらないし。

遊具も入れ替わっちゃって、私たちが遊んでいた頃のままある遊具はひとつだけ。

だけど、木登りをしたあの木はそのままあるんです。

今では2階建ての屋根を越すくらいの高さくらいまで大きく成長しました。

枝ぶりも変わっちゃって、最初は同じ木か自信がもてないほどでした。

ちびっ子たちが木登りをしていたとは思えないほどの成長っぷりです。

30年あると木もこんなにも伸びるんだぁって感心しきり。

雪が積もった姿は、大きなクリスマスツリーみたいでちょっとかっこいいでしょ。
公園の樹_5876

この公園で毎日暗くなるまで遊んでいた頃から34歳になる今までって、

あっという間に過ぎたような感じがしてしまいます。

いろんなことにぶちあたり、悩んで、それでも進んで、笑って泣いて。

いろーんなことがあったんだけど、足元には今立っている場所しかなくて、

振り返ってみても今まで歩いてきた道はあんまり見えない。

けど、この木の成長している姿を見ると

「あぁ、私の30年ってちゃんとあるんだなぁ」ってなんだか安心するんです。

そして勇気が出る。

朝も夜もこの木を見るのが大好きです。

けど、大きくなりすぎちゃって切られるのも時間の問題なような気がします。

いつ切られるのかと内心ビクビク。

1日でも長くここに居て欲しい、私の大好きな木です



にほんブログ村 秋田情報ランキングに参加してます。ポチっ!とよろしくお願いします






usagisawa at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月10日

今日の空は忘れない

雪景色_1

今朝、家を出るとホッペがビリビリするほどの冷え込み。

空気がシーンと澄んで、ぬけるような真っ青な空はいつもより高く感じた。

木々に降りた霜が朝日にキラキラ光っている。

こんなキレイな冬の日はそう何日もない。

目にするいつもの風景が違う世界のように見えてしまうほどキレイな朝。

白い息を吐きながら、カメラを覗いていると一通のメールが。

「今朝、赤ちゃんが産まれました」

私のとても大切なお友達夫婦から。

すごい!

今日がこんなにキレイなのも、特別な意味があるように感じるよ。

心からおめでとう。



にほんブログ村 秋田情報ランキングに参加してます。ポチっ!とよろしくお願いします


usagisawa at 11:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月16日

虹のはじまりとおわり

昨日1日で虹をいくつも見た。

一つ目は花高の帰り道、町どおりを走っていると道路をまたぐように二重の虹。

急いで花小へ向かう。

町どおりで車を降りて撮影しようかとも思ったんだけど、

以前から「校舎&虹」っていうカットを写してみたくて学校へと急ぐ。

学校に着いたらかすかではあったけど撮影成功。

中学校のある天戸森のあたりから虹が出ているように見えたから、

そちらへ急ぐけど、虹はどんどん薄くなり消えちゃった。

その後40分ぐらいしてから打ち合わせのためにオートプラザ鹿角さんへ。

途中、北の空にうすーく虹が見える。

自分が走っているらへんは西日が強く当たっているけど、

毛馬内方面はどんより暗く雨が降っているみたい。

ふと「雨の境目見れるかな?」と思い、時間の余裕もあったので、

目的地を通り越し、黒い雲のほうに向かって走る。

途中からポツリポツリと雨が落ち、徐々に雨が強くなっていく。

「コッチは晴れ、そこから雨」って期待していたようにはならず、

冠田あたりで、あきらめて右折。バイパスへ出る。

北から南に向けて走る。

そしてオートプラザ鹿角さんへ到着。

車を止めて何気なく振り向くと。。。。北の空にでっかい虹がドーーーーーンン。

虹2_3517

すぐ近くの田んぼから、北小の上空を通り抜けその奥の田んぼへアーチが!

すぐそこ!めちゃ近くに!

こんな手に触れそうな距離で見たことなんて初めて。

今まで見た虹は遠い山に架かっていたり、

山の木々のあいだから立ち上っているものだったから、

「虹って田んぼからも出るんだぁ」なんて変に感心してしまいました。

「あ!、写真」って思ってもあまりの近さ、大きさに全然入りきらねい!

「無念っ」って思いながらも2、3枚パシャパシャって写して

何故だか撮影をやめてしまった。

なんだかねぇ。あのスケールのでかい素晴らしいアーチの前で私は無力でした。

圧倒されちゃいました。

虹で悟っちゃいました。

肉眼のインパクトにくらくらして、「あ。打ち合わせ打ち合わせ。」と、

そそくさと屋内に入ってしまったんだよね。


そして今日、写真を見てムッチャ後悔!

こんな虹の端から端を見ることなんてすごい貴重なのに、

なんでこれしか写してないの私!?

しかも地面から出ているってよく分からんし。

虹のふもとに近づいてみるとかあって良かったンじゃん!?

そう思っても後の祭。


そもそも私の中で「虹のたもと」ってちょっとしたキーワードでありまして。

それは私が幼い頃、我が家に「金の鍵」って本があったんです。

【虹のたもとで見つけた金の鍵を持つ男の子が,

妖精の国で出会った女の子と一緒に鍵穴を探す旅へ出る】

って話なんですけどね。

きれいな挿絵が書いてあるとか、そんな本じゃなかったけど

妙にインパクトが大きいお話で。

それを読んでからは虹を見ると、姉と

「金の鍵あるんだろうね〜」なんて話したものでした。

でも虹のたもとになんて行けないし、

いつまでもメルヘンな気持ちで居たわけではないのです。

けどこの年になって目の前に虹の始まりが出現するとは!!!!

だからビックリして溜息が。

ビックリしすぎて呆然。どこか冷静じゃなかったのでしょうね私。


もっと果敢に写真を撮れば良かったYo〜

しかし先日のといい、昨日の虹といい、すごいものを見せてくれるよね自然って。

虹_3519


にほんブログ村 秋田情報ランキングに参加してます。ポチっ!とよろしくお願いします




usagisawa at 14:01|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年10月01日

鹿角の空を龍が駆ける

昨日の夕方、鹿角ではすごい不思議な雲が見れました。

そのとき私は下川原方面から、写真室に戻る途中で運転中。

下川原で空を見上げたとき友達と「夕焼けすごいね」と話したのですが、

鏡田あたりで「この雲すごく珍しいんじゃね?」と思いはじめ。

けど夕方の車の多い時間帯。「車降りて写真撮ろうかな?」と考えつつも

停車するのがなんだか気が引けてこの時点での写真は無く

どうしよう、どうしようと国道を進んでいくうちに雲の下に近づいていくと、

雲の表情も変化して、龍のお腹が現れたのです!!!!

あ!ふだん私あんまりファンタジーっ子じゃないですよ。

ファンタジー系あんまり読みません。

そんな私の頭の中も「龍!」になってしまうくらい不思議な光景だったのです。

その雲は、西の空から東の空へ、でっかーい龍が空を駆けているように

ずバーーーーーーーーーーーーーーーんと、1本。

雲が浮いているとか、スッと一筋って感覚ではなく。

もうまさに、龍の下を車で走っている感じ。



以下お写真です。
雲1_1123

↑西の空。
龍のお腹に見えませんか?
ポコポコポコって波打っているですよ。

雲2_1124

↑南の空

雲3_1126

↑東の空
雲の上の部分にちょうどお月様が。



分割した写真になっちゃったんですけど、

これがね鹿角の空の西から東へスバババーーーーーーーーーーンと。

魚眼レンズを持っていたら1枚で撮れたのに。。。。て思うとめちゃくちゃ無念!

しかし写真室に戻る時間も無い。

夢中で車を走らせてシャッター切りました。

写真は久保田と鏡田の中間地点くらい。米代川よりで撮影しました。

なんですかね!この雲!?


この雲の名前とか知っている人いたら教えてください!


にほんブログ村 秋田情報ランキングに参加してます。ポチっ!とよろしくお願いします












usagisawa at 11:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
  • ライブドアブログ